情報商材を購入しノウハウとして実践する上で大切なのが販売している企業が本当に安全な優良企業なのかどうかということです。

どれだけ良いノウハウだっとしても、作業ツールやサポートなどを一緒に提供している会社がしっかりしていなければ稼げるものも稼げません。

そこで今日は、巷で話題のトレジャーリサーチを販売している株式会社LIMITが本当に安全な会社なのか検証したいと思います。

特商法の記載に不備はない

危険な企業を見抜くにはまず特定商取引法に基づく表記の確認は欠かせません。

特定商取引法に基づく表記自体が無い場合は問答無用で詐欺会社です。

株式会社LIMITの場合はどうでしょうか?

販売者名 株式会社LIMIT
運営責任者 岩田陽一
所在地 〒111-0041 東京都台東区元浅草1-6-12-508
電話番号 0367215186
メールアドレス contact@limit2020.com
営業時間 10時~20時(土日祝日休業)
表現及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

パッと見たところ全く不備が無いように思います。
ここからは見るべきポイントについて個別に検証・解説していきたいと思います。

連絡先が記載されている

何を当たり前のことを?と思うかも知れませんが、実は電話番号とメールアドレスがしっかりと記載されているノウハウ教材って意外と少ないんです。

理由はユーザーから連絡が来ると困るからです。イコールそのノウハウ教材が詐欺まがいだと自分で言っているのと同じです。

酷いものだと電話番号、メールアドレスの両方が記載されていない場合もあります。まったく連絡をする方法がないんです。

一方で株式会社LIMITはどちらもしっかり記載されていると感じます。電話番号0367215186に関しては携帯電話ではなく固定電話の番号というのも安心できると思います。

所在地の住所が実在している

これも当たり前のことですが、所在地の住所が実在していない場合が実際にあります。

番地が架空だったり、実在の地名から漢字を少し変えて分からないようにするなんてこともあります。

そういったことをしているノウハウ教材は間違いなく詐欺です。

株式会社LIMITの住所を検索しましたが、ちゃんと実在していました。東京都台東区元浅草1-6-12-508を実際に検索してみるとgoogleマップなどで確認できるかと思います。

表現及び商品に関する注意書きは詐欺の証?

よく表現及び商品に関する注意書きに「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」と書かれていると、そのノウハウ教材は詐欺だと断定する人がいますが、実はこれ間違いなんです。

この記述があった場合、問題になるのは誇大広告の有無です。
再現性100%、1ヶ月〇万円必ず稼げる、放置するだけなどの誇大広告があった場合、それをみて購入した人が事実と違うことに気付いて訴えても特定商取引法に基づく表記に書かれていることが優先だと取り合って貰えないから問題になっているんです。

一方で株式会社LIMITを含めて、トレジャーリサーチには誇大広告が確認できませんでした。ですので安心して始める事ができると思います。

またこの表現及び商品に関する注意書きについて検索していただくと分かりますが、一部の化粧品やサプリなどにも書かれているごく一般的な記述なんです。

ですので、表現及び商品に関する注意書きがあったから即詐欺!となるのではなく、誇大広告がないか探してみてください。

まとめ

今回は特定商取引法に基づく表記を絡めながら株式会社LIMITが本当に安全な企業なのかを検証しました。

株式会社LIMITに関しては法人番号も確認できているので比較的安心できるのではと思いました。

この特定商取引法に基づく表記の確認はトレジャーリサーチ以外のノウハウ教材でも使える簡単な検証方法なので、気になるノウハウ教材がある方は使ってみてはいかがでしょうか。